トップページ > 印刷サービス > UV印刷

UV PRINT

パッケージ  

短納期で特殊素材への印刷も可能
印刷表現の幅を広げるUV印刷

UVとは、Ultra Violetの略で、紫外線のことを言います。

速乾性のあるUVインキを使用し、UV光を照射することによってインキを瞬時に硬化・乾燥させる印刷方法です。
UV印刷は、紫外線を当てることで瞬間的にインキを硬化・乾燥させるため、すぐに裏面の印刷や後加工を行うことができ、短納期を実現することができます。また、PP・PET・アルミ蒸着紙など、通常の油性印刷では刷ることが難しい特殊な素材への印刷も可能となって印刷表現の幅が広がり、デザインの可能性をさらに追求することができるようになりました。

UV印刷の特長

印刷素材の幅が広がり、豊かなデザイン表現を実現

通常の薄紙・厚紙だけでなく、合成紙・アルミ蒸着紙・PP・PETなどさまざまな素材への印刷が可能です。

裏移りの心配がない

インキを強制的に硬化させるので、裏移りのトラブルがありません。

印刷直後から後工程に入れる

インキが瞬間的に乾くため、乾燥する時間が必要ありません。そのため、印刷直後から後工程に入ることができ、納期の短縮が可能となります。
 

UV印刷の特長

UV印刷機

印刷表面が摩擦に強い

紫外線による化学反応により、硬いインキ皮膜が形成されるため、耐摩性・耐薬品性に優れた特性があります。

乾燥用パウダーを必要としない

インキが瞬間乾燥するので、油性印刷に使用されているパウダーが不要です。そのため、印刷後に表面加工(PP貼・プレスコートなど)を施す際、油性印刷にありがちなパウダーに起因するトラブルがなく、きれいに仕上がります。

衛生的である

パウダーの付着を敬遠する食品包装紙、容器などにも最適です。

変色や褪色が少ない

戸外や直射日光にさらされても大丈夫です。水分にも耐久性を発揮します。
※油性印刷の通常インキとの比較です。

UVニスの効果を高める

UVクリアニスをコーティングすることにより、印刷面にPP貼りに劣らない美しい光沢感を出すことができます。

UV印刷の主な用途

 
  化粧品・薬品・食品等のパッケージ     選挙用等の屋外用ポスター
 
 
 
 

ステッカー・シール・カード・クリアファイル

・POP等の販促ツール

   

リッチブラック等、ほぼ総ベタで相当なインキ量を

要するデザインのパンフレット表紙など