トップページ > 抗菌マスクケース

ANTIMICROBIAL  MASK CASE

抗菌マスクケースが求められている理由。

マスクを外した時、すぐに捨ててしまいますか?

 

たった一度使っただけで処分してしまう人は少ないでしょう。

なぜなら、使い捨てマスクといえども「1日1枚」と思ってしまうからだそうです。

食事の際やビジネスマンが商談をする時などは、その都度マスクを外してポケットや

バッグなどにしまいこみ、ウイルスや菌が付着したままのマスクを不衛生だと

感じながらも再度付けているでしょう。感染予防のために使用しているマスクが、

逆に、感染リスクを高めているのかもしれません。

では、その感染リスクを防ぐために、どのような工夫をしているのでしょうか。

よく耳にするのが、レジ袋やジップ付ビニールの中にしまっていたけど、中身が

丸見えで取り出すときに恥ずかしいし、密閉されていて袋の中で菌が繁殖して

いるのではないだろうかと心配している。また未使用のマスクをビニールに

入れて持ち運ぶと、いざ使用する時にマスクの型崩れが起こっている。等々

何か良い方法はないのでしょうか。

インフルエンザ、風邪、花粉症、大気汚染・・・

若者の間で増えている伊達マスク。マスクのサイズや種類もどんどん増えていき、

マスクを収納するための「マスクケース」もバラエティに富んできています。

 

 

紙製「抗菌マスクケース」が優れている理由。

当社のマスクケースは、抗菌剤入り印刷ニスを表面コーティングをしているので、抗菌効果にも優れ、防カビ・防臭の効果もあり、食中毒の原因である大腸菌や黄色ブドウ球菌など菌の繁殖を大きく抑制することができます。当社が作製しているのは、常に清潔なマスクを管理できる収納ケースです。

 

プラスチック、PP製マスクケースはよく見かけることがあると思いますが、プラスチック製は、コストが高い・開閉がうまくいかない・硬い、PP製はヨレヨレしている・すんなりマスクが収納できないなど・・・・・。

当社はユーザーの不満の声を聞いて、それを改善するために、しっかりと
強度のある厚紙を使用し、本来の特性である光沢性・耐磨性・撥水性を持つニスを使用し、さらに抗菌性を付加した商品を開発しました。
あらゆるデザインにも対応が出来るのでファッションの一部としても
携帯でき、ノベルティとしてもコストを大幅に抑える事が可能である紙製「抗菌マスクケース」をおすすめいたします。 

 

紙製品の利点

□ コストが安い

□ エコである

□ 通気性に優れている

□ 静電気が格段におこりにくい

□ デザインを重視したオリジナルを作製できる

 

 

  • 当社の「抗菌マスクケース」はSIAAマークを
    入れることができます。SIAAマークとは
  •  
  • 「抗菌マスクケース」の使い方

    抗菌印刷の特長のページへ

    「抗菌マスクケース」の使い方を詳しくご紹介いたします。

  • 「抗菌マスクケース」ギャラリー

    抗菌印刷の導入事例のページへ

    「抗菌マスクケース」製品をご紹介いたします。

  • 「抗菌マスクケース」の導入事例

    抗菌印刷についてQ&Aのページへ

    どのような分野、場面で使用されているかをご紹介いたします。

  • お電話でのお問い合わせ 06-6771-6118 受付時間 平日8:30~18:00
  • お問い合わせフォーム