1. TOP
  2. 抗菌印刷とは
  3. 抗菌印刷の特長

FEATURE

抗菌印刷の特長

抗菌印刷には、次の4つの特長があります。

優れた抗菌力

抗菌性・耐光性・安全性に優れた抗菌剤(QB-2500)を配合。
「大腸菌」や「黄色ブドウ球菌」などに優れた抗菌力を発揮します。

抗菌加工と非加工の細菌増殖イメージ

抗菌加工と非加工の細菌増殖イメージ

JISZ2801抗菌試験が証明する優れた抗菌力(試験片の生菌数測定結果)  *試験結果は、弊社が使用する抗菌剤(ラサップQB-2500)の抗菌活性データです。

▼スクロールしてご覧になれます

大腸菌 抗菌加工 生菌数測定(平均値) 結果
なし 210,000個 → 29,000,000個 約138倍
あり 210,000個 → 23個 約1/10,000に減少!

▼スクロールしてご覧になれます

黄色ブドウ球菌 抗菌加工 生菌数測定(平均値) 結果
なし 190,000個 → 1,300,000個 約6.8倍
あり 190,000個 → 0個 検出できない状態

 

その他の菌に対する優れた抗菌力

▼スクロールしてご覧になれます

菌・カビ名 性状 最小発育阻止濃度
MIC OF RASAP(ppm)
大腸菌 食品汚染指数菌。特に強い病原性を示すものは、病原性大腸菌と呼ばれ、O-157などの腸管出血性大腸菌や赤痢菌などがある。 100
黄色ブドウ球菌 細菌性食中毒及びさまざまな皮膚感染症や化膿性疾患の原因となる菌 <50
クレブシェラ 大腸菌よりやや大きな腸内細菌、肺炎等の炎症の原因となる菌 100
緑膿菌 化膿部に繁殖しやすい病原菌。他の病原菌と一緒に感染することが多く、抗生物質に抵抗性が強い。 50
黒麹菌 アレルギー性疾患などの原因になるカビ 100
青カビ 腎毒性の強い毒素を生産するカビ 500
ケトミウム セルロース分解菌。紙やパルプ、綿などの繊維製品の劣化を引き起こすカビ 250

MIC値が小さい程、その菌に対する抗菌効果が顕著なことを意味します。(※試験方法:寒天平版希釈法による)
試験結果は、弊社が使用する抗菌剤(ラサップQB-2500)の抗菌活性データです。

高い安全性

弊社が使用する抗菌剤は、下記4つの安全性試験をクリアしているほか、「環境ホルモン」「NL規制」にも準拠しています。

高い安全性

※【検査機関】日本食品分析センター、日本食品衛生協会、東京都食品衛生協会

競合商品との差別化

抗菌の付加価値をつけることにより、清潔さや安全面に対するこだわりをアピールできることで、競合品との差別化が図れます。SIAA(抗菌製品技術協議会)の会員である弊社の抗菌印刷物には、「抗菌性・安全性・適正な表示」を満たした製品にのみ表示できるSIAAマークを掲載することが可能です。(弊社登録番号 JP0122421A0001O)

競合商品との差別化

様々な印刷方式に対応

多様な印刷物に対応できるよう、オフセット印刷を中心に様々な印刷方式に対応します。印刷対象物として、薄紙、厚紙、合成紙などへの抗菌印刷が可能です。(詳しくはご相談ください。)

抗菌マスクケース専用サイト

CONTACT

お問い合わせ

当社へのお問い合わせは、下記お問い合わせフォームにてお寄せください。 後日、担当者よりご連絡させていただきます。 ご連絡先の入力がない場合は、返信できない場合がございます。 お急ぎのかたはお電話にてお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6771-6118

【受付時間】平日9:00~17:00